きゃらめる堂◆M-trinity

マンガ家きゃらめる堂、および同人サークルM-trinityのサイトです ※18歳未満の方はご遠慮下さい

この年末の忙しい時期というのに。しかもいよいよ作画作業も色塗りへと進んで、バリバリと活躍してもらわなければならないというのに……!
とはいえ。そうやってバリバリと活躍させ始めたからこそ、とうとう壊れてしまったのかもしれませんね。

購入したのは2011年の5月。その後比較的早く電源がいかれてしまって、2013年の1月に交換。以降はとくに大きな変更はなし。
スペックはCUPがCore i5-2400、メモリ4GB(32ビットOSなので3GB使用)、グラフィックがGTS450。少々古いとはいえ、普通に使っている分にはとくに性能不足も感じなかったものの……。

しかしClip Studioで膨大な枚数のレイヤーやら3D背景やらをゴリゴリ使いまくったせいか、無理がたたってしまったのかもしれません。とうとうご臨終となったのでありました。

実際のところ、夏頃から調子は悪かったのですよね。たぶん温度。エアコンをかけて部屋を冷やさないと猛烈な悲鳴を上げるような状態になることも多く。
先月あたりからクリスタの作業も色塗りへと進み、酷使し続ける状態となっておりましたのでした。

電源だけ換えれば大丈夫かなー、と思ったんですけどね。
しかしそこから連鎖反応的に、背面ファンやらグラフィックボードのファンから異音が発生するようになり。
背面ファン程度なら安いのでホイホイと交換すればいいのだけど。グラボはちょっと難しそう。どうもマザーボードに癖があるみたいで。

ちなみにドスパラのBTOパソコンです。新しく注文したのもまたドスパラ。
ドスパラさんの評判というのは。スペックのわりに安い。しかし評価が未知数のメーカーのパーツを使っていたりする。という感じのようです。
購入した状態のままならいいのだけど、自分でパーツの交換などをしようと思ったら、規格や相性問題で苦労するかも。

ずっと昔にサイコムさんでも買ったことがあったんですけど。こちらは評価の高いパーツを使って、相性問題をクリアしつつ、自作代行のように組み上げて下さる感じ。お値段はちょっと高め。
そのうちお金が貯まったら、本命マシンとしてまたここで購入しようかとも思ってますが。

というわけで、作画作業とファンティアなどの更新が遅れてしまいます。今月はもともと、お墓参りのために泊まりがけで出かけようとも計画してまして。不本意ながら大型連休になってしまいました……。
しかしとはいえ。月の下旬あたりには間に合わせますので。少し遅れますが、よろしくご了承下さいね。

それにしても、パソコンがないというのは不便なものです。もういまや何から何までメインのデスクトップPCでやってますので。
世代もあるのかなー。私はスマホの小さな画面ではどうしてもダメですね。スマホはニュースサイトやツイッターを見るくらい。
作画作業はもちろん、ピクシブのようなイラストサイトの閲覧、あるいはエロ動画の鑑賞も、大画面のデスクトップPCでないと落ち着きません。

ちなみにいまこうして文章を書いているのは、予備のノートパソコン。といっても超低スペックで、ネットPCとはいいつつ、ネット閲覧も厳しいくらいで。おもにワープロとして使ってます。
とはいえ、これがなければ新しいパソコンの注文にも苦労したでしょうし。持っててよかったんじゃないかな。
パソコンを買うにもパソコンが必要。

という感じで、しばらくはちょっとゴタゴタしております~。

d171130a

いまや数多くの作家さんが使っていて、業界標準レベルにまで普及しているクリップスタジオ。
高機能、多機能で、たぶんこれだけあればほぼすべての作業が出来るのではないかとは思いつつ。でもとてもではないですが、一気に全部覚えるなんて出来ませんね。

しかしそこはまあ、普及率の高いソフトウェアのありがたさ。何か疑問が発生したときにも、検索すればだいたい誰かが解決策を発見していたりします。

その1・同人CG集の差分管理にクリップスタジオのタイムライン機能を使う

差分というのは以前の記事で書いたように、目パチとか口パクのようなテクニックです。

これも枚数が増えて複雑になってくると、何が何だかわからなくなってくるのですよ。というわけで「クリスタ+差分管理」のキーワードで検索してみたところ、「タイムライン機能」というのがヒットしたのでありました。

クリスタ 差分管理 - Google 検索

作業画面はこんな感じになりました。

d171203a

アニメ用の機能のようです。アニメのひとコマを差分として割り当ててます。でもってひとコマごとに表示するレイヤーを指定していく感じです。

縦に赤くて太い線が貫いてますが、これが10コマ目。上から順番にレイヤーが並んでいて、各セルの背景が濃いグレーになっていると表示、薄いグレーだと非表示です。

ちなみに全レイヤーを縦に並べるとこんな感じ

具体的な使い方などについては、すでに解説されているサイトが複数ありますので。そちらなどをご覧になっていただいたほうがいいと思われますが……。

補足・手抜き解説

メニューバーの[ウインドウ(W)] → [タイムライン(X)]でタイムライン・ウインドウを表示。
そして[新規タイムライン]のアイコンをクリック。

d171203c

でもって通常のイラストとかでは[レイヤーフォルダー]を使っているのですが、その代わりに[新規アニメーションフォルダー]というのを作って、そこに差分レイヤーを放り込んでいく感じで、何とか使えるようでした。

d171203d

その2・レイヤーを重ねるときの設定

でもって話は変わって、今度はレイヤーの重ね方のお話。
私はなるべく現実の絵の具に近い感覚で描きたかったりするので、レイヤーもほとんど通常で重ねてきました。
ときどき乗算は使いました。たとえば肌の影など便利ですね。同じ色のレイヤーを乗算で重ねると、2枚分の濃さになって表示されるという。

でも最近の人たちはグラフィックソフトの性能を存分に駆使してますよねー。
そのあたりを意識して、前にアップした「ブラジリアン女性」のイラストでは、レイヤー設定もいろいろやってみたりしました。

こういう1枚絵なら、いろいろテクニックを試してみるのも面白いのですが。しかし枚数が極端に多いCG集の場合、何度も繰り返す手順はなるべくシンプルにとどめたいもの。

というわけで、簡単にすぐできるレイヤー設定を考え中です。

↓これはハイライトの白のレイヤーを、加算(発光)で重ねてみました。左が通常。右が加算(発光)。

d171201a

ハイライトの範囲が広がるので、小さめに描いてレイヤーの設定を変更すればいいかもしれません。
瞳や髪の毛のハイライトにも使えそうですね。

という感じで、「いままで描いた分のハイライトの設定を変えたい、何か簡単な差分管理の方法はないだろうか?」というところから始まって、今回の記事の内容へと至ったのでありました。

でも正直なところ、ネットで調べて独学でも何とかなりそうではありますが。まったくの未経験の人の場合は、クリップスタジオは学校とかで集中して教わったほうがいいのかもしれませんね。
高機能、多機能で複雑なソフトウェアだと思いました。

ようやくサンプルをお見せできるところまで辿り着けましたので、ご紹介いたします~。

冒頭部分から3枚。

1-1-800

1-7-800

1-10-800

最初の1シーン(全11枚)の大きい画像の閲覧をご希望の方は、はファンティアの有料会員様向けプランにてご覧になって下さいね。
↓ ↓ ↓
fan171125th

同人CG集 冒頭部分のサンプルです - きゃらめる堂R40Gの投稿|ファンティア[Fantia]
https://fantia.jp/posts/26879

というわけで、ともかく同人CG集のようなものを作るのも今回が初めてでして。試行錯誤を繰り返しつつ、超スローペースでの制作となってしまってます。

たとえばキャラクターの主線なども試行錯誤。
真っ黒のままではなく、濃度を50%などにするとずいぶんと絵になじむし、ソフトな印象になりますね。

d171126a

では全部50%で行こうかと手直しを始めたところ……。
アップはともかく、ロングで主線を薄くしてしまうと、画面がどうも寝ぼけた印象になるというか。どうもケースバイケースみたいです。

画面の配色が暗いときに主線を薄くすると、何だかぼんやりした印象になってしまう。
画面の配色が明るいときに主線を濃くすると、今度はくっきりと目立ちすぎる。
という傾向もあるのかもしれません。

ところでこのCG集ですが、このままでは完成がいつになるか見当もつきませんし。
とりあえず全3話のパッケージではなく、1話ずつの分売でお届けしようかとも考え始めました。

となるとタイトル。
第1話は「真紀ちゃんと痴漢さんたち ~3つの巨大化物語 その1~」みたいな感じがいいでしょうかね。お前センスが80年代だな……。
これもまだまだ考え中ですけど。

同じような告知を何度もすることになってしまいますが、しかしいまやネットの情報は膨大ですし。泡沫サイトの情報なんてすぐに忘れられて、次へと去って行ってしまわれるパターンがほとんどではないでしょうか。何度も同じ話をしなくてはなりません。

というわけで、だいぶ前から続けているファンティアでの旧作配信のご案内です。
すでに十分ご存じの方は読み飛ばして下さい~。

最初の頃は単品販売のようなかたちで配信していたのですが、現在は、月額有料会員様が1ヶ月間の期間限定でダウンロード出来るかたちにしています。
過去の配信作品については、いずれはバックナンバー購入のような機能がファンティア様にて導入されるようなお話もあるようですし。それを待ちたいと思っています。

今月の配信作は、単行本『恥臭』に収録されている短編「亀山クンとファン子先生」(後編)になります。未読の方はぜひこの機会にご覧になってみて下さいね!
100円プラン以上の有料会員になっていただけると、すぐに閲覧・ダウンロード出来るようになります。

fan1110th


「亀山クンとファン子先生」(後編)
https://fantia.jp/posts/25224

しかしこれもずいぶんと古い作品になってしまいました。
巨大女ネタは「海綿体ガール」にて一度チャレンジしたのですが、そのときは規制問題のためにセックスを描くことが出来ませんでした。
逆に、セックス描写禁止だったおかげで、あのネタを描くことが出来たという事情もあったのですが。諸般の事情、大人の事情に翻弄されまくる世界ですね……。

で、その後規制がやや緩くなりまして。では今度は体格差セックスを描けないものかとなったのですが。
でもさすがにこれだけ身体のサイズが違ってしまっては、もはやセックスは不可能。というわけで、巨根術というありがちな展開となってしまったのでありましたが。

以下、サンプル画像となります。
旧作ですので作画など不安定な面も多いですが。まあそういうものだと割り切った上で、お楽しみいただけたらと思います~。

fanko02-05

fanko02-10

fanko02-11

こちらは前編のサンプルです。11月25日までに有料プランにご加入いただければ閲覧出来ます。

fan171026th

「亀山クンとファン子先生」(前編)
https://fantia.jp/posts/23208

fanko03

fanko11

過去の配信作は下記になります。バックナンバー機能導入をお待ち下さいね。

「Strange Lover」
https://fantia.jp/posts/18977

「溺愛(できあい)」
https://fantia.jp/posts/15762

「マイ・リトル・ティーチャー」第2話
https://fantia.jp/posts/11551

「マイ・リトル・ティーチャー」第1話
https://fantia.jp/posts/10505

「カンガルー・チルドレン」
https://fantia.jp/posts/8224

また、下記の作品は単品販売でご提供しています。こちらもご興味がありましたらぜひ。

「花嫁」
https://fantia.jp/products/579

「友梨香センパイの寝技」
https://fantia.jp/products/525

「恥臭」
https://fantia.jp/products/461

「妹REXモンスター級」第2話
https://fantia.jp/products/245

「妹REXモンスター級」第1話
https://fantia.jp/products/233

正式には何というのか知りませんが。
その昔、アニメとかでこうして目や口だけべつのレイヤーに差分を描いて、そこだけ動いたように見せるテクニックを、目パチ・口パクといってた人がいました。

昔といっても、もう30年ほど前ですが。いまはどうなってるんでしょう。

というわけで、同人CG集でもこういうテクニックは使われているようですし。私もやってみることにしました。
これでセリフなどを入れれば、キャラクターにも動きが出てくるかもしれません。

171105a

171105b

171105c

171105d

↓でもってこれはおまけ(笑)。
171105e

でもって放置していたら検索エンジンの順位が暴落してしまったようです……。とりあえず私のペンネームで検索した場合、長い間ずっと、このサイトがトップに表示されていたんですけど。

検索エンジンのアルゴリズムというのは絶えずアップデートされているそうで。最近は更新の頻度を重視するようにでもなったんでしょうか。
あとは……時代の変化に合わせて、個人サイトやブログよりもTwitterやPixivのようなSNSを重視するようになったのかもしれません。
コウモリだけが知っている。かどうかは不明ですが。

本来はここをなるべくマメに更新して、月イチくらいでFantiaにまとめて。ある程度溜まったらPixivなどでも宣伝して。という作戦を考えていたんですけど。ううむ。しばらく作業が停滞してしまったという事情もあって、なかなかそうも行かなくなったりしているのでありました。

というわけで、まずは新作同人CG集の進捗状況から。

ともかくいろいろあって、ようやく色塗りの段階へと進むことが出来た感じです。
しかし時間がかかるな……。すでに1年以上これをいじってるような気もしつつ。
でもまあ。手を付けたばかりの頃は、何年も絵を描いていなかったという大変なブランクもありましたし。


sample171031a

こんな感じのアニメ塗りで仕上げていこうかと思っています。いかがでしょうか?
何はともあれ。ようやく終わりが見えてきたと申しますか。マンガよりラクかと思って始めたんですけど、何だか大変なことになってしまいました。

170930a

他にはこんなサンプルなども。

でもって旧作配信ですが、先月と今月の2回で、「亀山クンとファン子先生」の前後編をお届けすることにいたしました。

fan171026th

「亀山クンとファン子先生」(前編)をお届けします - きゃらめる堂R40Gの投稿|ファンティア[Fantia]
https://fantia.jp/posts/23208

Fantiaにて、100円以上の有料プランにご加入いただいてる方が閲覧可能です。
また、配信期間に約1ヶ月の制限をかけてます。

まだ実装されていませんが、いずれFantiaさんにてバックナンバー機能も導入されるようなお話もありますし。これまでの配信作もご覧いただけるようになるかもしれません。
いましばらくお待ち下さい~。

9月になってしまいました。1日遅れてしまいましたけど、制作中の同人CG集の進捗状況のお知らせなど。

とりあえず第2話分の背景線画作業まで終了。背景線画は残すところあと第3話の分だけ。

170831a

最後の破壊された体育館以外は、ほとんど3DCG素材を使ってますし。そう難しい作業ではなかったはずなのですけどね。なかなか上手く進まないものです。

暑かったというのもありますかなー。
あと、8月は開設したばかりの小説サイトに気を取られてしまったというところもありました。小説自体はとっくの昔に完成していたんですけど。でもサイト運営というのは、それだけで済むものではありません。他の作業が次々と持ち上がって来てしまいました。

Fantiaの更新

いろいろ弾切れになって更新が難しくなってきた私のFantiaですが。この間の記事でも書いたように、投げ銭みたいに使っていただければいいのではないかとも思ってまして。

8月分は単行本『ダブル・フェイス』〈新装版〉にて使用した表紙画像のお届けとなります~。

fan170831th

『ダブル・フェイス』〈新装版〉表紙絵 - きゃらめる堂R40Gの投稿|ファンティア[Fantia]
https://fantia.jp/posts/17256

あと、大昔コミックバニー誌にて連載させていただいたショートコミック「レディとぷりん!」(64P)もおまけで付いてきます。
これは以前、個人サイトでも掲載していたのですが。古い作品ですし、ごく一部の奇特な読者様に楽しんでいただければいいのではないかとも思いまして。
要会員登録ですが、よろしければご検討下さい~。

↑このページのトップヘ

アクセスランキング