きゃらめる堂◆M-trinity

マンガ家きゃらめる堂、および同人サークルM-trinityのサイトです ※18歳未満の方はご遠慮下さい

同じような告知を何度もすることになってしまいますが、しかしいまやネットの情報は膨大ですし。泡沫サイトの情報なんてすぐに忘れられて、次へと去って行ってしまわれるパターンがほとんどではないでしょうか。何度も同じ話をしなくてはなりません。

というわけで、だいぶ前から続けているファンティアでの旧作配信のご案内です。
すでに十分ご存じの方は読み飛ばして下さい~。

最初の頃は単品販売のようなかたちで配信していたのですが、現在は、月額有料会員様が1ヶ月間の期間限定でダウンロード出来るかたちにしています。
過去の配信作品については、いずれはバックナンバー購入のような機能がファンティア様にて導入されるようなお話もあるようですし。それを待ちたいと思っています。

今月の配信作は、単行本『恥臭』に収録されている短編「亀山クンとファン子先生」(後編)になります。未読の方はぜひこの機会にご覧になってみて下さいね!
100円プラン以上の有料会員になっていただけると、すぐに閲覧・ダウンロード出来るようになります。

fan1110th


「亀山クンとファン子先生」(後編)
https://fantia.jp/posts/25224

しかしこれもずいぶんと古い作品になってしまいました。
巨大女ネタは「海綿体ガール」にて一度チャレンジしたのですが、そのときは規制問題のためにセックスを描くことが出来ませんでした。
逆に、セックス描写禁止だったおかげで、あのネタを描くことが出来たという事情もあったのですが。諸般の事情、大人の事情に翻弄されまくる世界ですね……。

で、その後規制がやや緩くなりまして。では今度は体格差セックスを描けないものかとなったのですが。
でもさすがにこれだけ身体のサイズが違ってしまっては、もはやセックスは不可能。というわけで、巨根術というありがちな展開となってしまったのでありましたが。

以下、サンプル画像となります。
旧作ですので作画など不安定な面も多いですが。まあそういうものだと割り切った上で、お楽しみいただけたらと思います~。

fanko02-05

fanko02-10

fanko02-11

こちらは前編のサンプルです。11月25日までに有料プランにご加入いただければ閲覧出来ます。

fan171026th

「亀山クンとファン子先生」(前編)
https://fantia.jp/posts/23208

fanko03

fanko11

過去の配信作は下記になります。バックナンバー機能導入をお待ち下さいね。

「Strange Lover」
https://fantia.jp/posts/18977

「溺愛(できあい)」
https://fantia.jp/posts/15762

「マイ・リトル・ティーチャー」第2話
https://fantia.jp/posts/11551

「マイ・リトル・ティーチャー」第1話
https://fantia.jp/posts/10505

「カンガルー・チルドレン」
https://fantia.jp/posts/8224

また、下記の作品は単品販売でご提供しています。こちらもご興味がありましたらぜひ。

「花嫁」
https://fantia.jp/products/579

「友梨香センパイの寝技」
https://fantia.jp/products/525

「恥臭」
https://fantia.jp/products/461

「妹REXモンスター級」第2話
https://fantia.jp/products/245

「妹REXモンスター級」第1話
https://fantia.jp/products/233

正式には何というのか知りませんが。
その昔、アニメとかでこうして目や口だけべつのレイヤーに差分を描いて、そこだけ動いたように見せるテクニックを、目パチ・口パクといってた人がいました。

昔といっても、もう30年ほど前ですが。いまはどうなってるんでしょう。

というわけで、同人CG集でもこういうテクニックは使われているようですし。私もやってみることにしました。
これでセリフなどを入れれば、キャラクターにも動きが出てくるかもしれません。

171105a

171105b

171105c

171105d

↓でもってこれはおまけ(笑)。
171105e

でもって放置していたら検索エンジンの順位が暴落してしまったようです……。とりあえず私のペンネームで検索した場合、長い間ずっと、このサイトがトップに表示されていたんですけど。

検索エンジンのアルゴリズムというのは絶えずアップデートされているそうで。最近は更新の頻度を重視するようにでもなったんでしょうか。
あとは……時代の変化に合わせて、個人サイトやブログよりもTwitterやPixivのようなSNSを重視するようになったのかもしれません。
コウモリだけが知っている。かどうかは不明ですが。

本来はここをなるべくマメに更新して、月イチくらいでFantiaにまとめて。ある程度溜まったらPixivなどでも宣伝して。という作戦を考えていたんですけど。ううむ。しばらく作業が停滞してしまったという事情もあって、なかなかそうも行かなくなったりしているのでありました。

というわけで、まずは新作同人CG集の進捗状況から。

ともかくいろいろあって、ようやく色塗りの段階へと進むことが出来た感じです。
しかし時間がかかるな……。すでに1年以上これをいじってるような気もしつつ。
でもまあ。手を付けたばかりの頃は、何年も絵を描いていなかったという大変なブランクもありましたし。


sample171031a

こんな感じのアニメ塗りで仕上げていこうかと思っています。いかがでしょうか?
何はともあれ。ようやく終わりが見えてきたと申しますか。マンガよりラクかと思って始めたんですけど、何だか大変なことになってしまいました。

170930a

他にはこんなサンプルなども。

でもって旧作配信ですが、先月と今月の2回で、「亀山クンとファン子先生」の前後編をお届けすることにいたしました。

fan171026th

「亀山クンとファン子先生」(前編)をお届けします - きゃらめる堂R40Gの投稿|ファンティア[Fantia]
https://fantia.jp/posts/23208

Fantiaにて、100円以上の有料プランにご加入いただいてる方が閲覧可能です。
また、配信期間に約1ヶ月の制限をかけてます。

まだ実装されていませんが、いずれFantiaさんにてバックナンバー機能も導入されるようなお話もありますし。これまでの配信作もご覧いただけるようになるかもしれません。
いましばらくお待ち下さい~。

9月になってしまいました。1日遅れてしまいましたけど、制作中の同人CG集の進捗状況のお知らせなど。

とりあえず第2話分の背景線画作業まで終了。背景線画は残すところあと第3話の分だけ。

170831a

最後の破壊された体育館以外は、ほとんど3DCG素材を使ってますし。そう難しい作業ではなかったはずなのですけどね。なかなか上手く進まないものです。

暑かったというのもありますかなー。
あと、8月は開設したばかりの小説サイトに気を取られてしまったというところもありました。小説自体はとっくの昔に完成していたんですけど。でもサイト運営というのは、それだけで済むものではありません。他の作業が次々と持ち上がって来てしまいました。

Fantiaの更新

いろいろ弾切れになって更新が難しくなってきた私のFantiaですが。この間の記事でも書いたように、投げ銭みたいに使っていただければいいのではないかとも思ってまして。

8月分は単行本『ダブル・フェイス』〈新装版〉にて使用した表紙画像のお届けとなります~。

fan170831th

『ダブル・フェイス』〈新装版〉表紙絵 - きゃらめる堂R40Gの投稿|ファンティア[Fantia]
https://fantia.jp/posts/17256

あと、大昔コミックバニー誌にて連載させていただいたショートコミック「レディとぷりん!」(64P)もおまけで付いてきます。
これは以前、個人サイトでも掲載していたのですが。古い作品ですし、ごく一部の奇特な読者様に楽しんでいただければいいのではないかとも思いまして。
要会員登録ですが、よろしければご検討下さい~。

2002年の短編「溺愛(できあい)」をファンティアにて公開しました。
この作品は単行本『αフィーメール』〈新装版〉にも収録されています。しかし旧単行本をお持ちの読者さんなど、この新装版をお持ちでない方も多いと思いますので、今回ファンティアにて公開することにしました。

dekiai_02

短編「溺愛(できあい)」をお届けします - きゃらめる堂R40Gの投稿|ファンティア[Fantia]
https://fantia.jp/posts/15762

dekiai_05

dekiai_10

あとはまあ、私の作品にしてはけっこう作画が安定しているから。
本当は「乳妹(ちちまい)」を先に公開しようかと思ったんですけど、これはいま見るとかなり作画が不安定で、何カ所か修正が必要かもしれません。だいたい同じ頃の作品なんですけど、この違いはいったいなんでしょうかね。
この時期に描いたものでは、他に「恥臭(ちしゅう)」の作画も気に入ってます。

またこの作品は出版社から商業配信もされています。ただまあ、膨大なコンテンツの中に埋もれてしまいがちでありまして。検索してみても見つけにくいですね。なので、こうして個人でも配信していこうと考えました。

ご興味がありましたらぜひ読まれてみて下さいね。

アフィリブログだったら「DL同人作家が半年間パトロンサイトを運営してわかったこと」みたいなタイトルを付けるのでしょうか? ネットはタイトルが10割。

というわけで、私も昨年末あたりからいわゆる作家支援サイトをやっているのですが。
最初はEntyとFantiaの2カ所でやってみて、Entyのほうがまったく反応がなかったので、Fantiaひとつに絞ったという成り行きです。

ちなみにEntyはその後いくつか問題があったようで、いまは多くの作家さんがFantiaへと移行した状況のようなのですが。といいつつ、私はあまり世の流れを把握していませんので、詳しくは知りません。

パトロン型サイトのシステム

基本的には月額会員を募集するというシステムですね。もともとは海外のPatreonというサイトから始まりました。払う金額によって受けられるリターンがよくなっていくという方法で、運営されている作家さんが多いです。

始めたばかりの頃、とある海外の方にアドバイスをいただいたのですが。
たとえばですが、このような約束をします。

・1週間に1枚モノクロのイラストをアップします。
・1ヶ月に1枚カラーのイラストをアップします。
・支援金額が一定以上になったらカラーのマンガをアップします。

そして支援者は金額によって受けられるサービスが違います。

・Cプラン モノクロのイラストを閲覧できます。
・Bプラン カラーのイラストやマンガを閲覧できます。
・Aプラン リクエストが出来ます。

約束を守って更新を続けていくことがポイント。
また、Aプランは高額にして人数を限定するといいみたいです。この場合、たぶんBプランを選ぶ人が多くなるのではないでしょうか?

でも大変そうですね。これをメインにして稼ごうという作家さんにとってはいいのかもしれませんが、マンガや同人CG集の制作をメインにしている作家さんの場合、これに作業時間を費やすと苦しいことになってしまいそうです。

さて、どうしましょう?

プロジェクトへの支援として使う

同人ゲームなど、長期の制作期間が必要なプロジェクトへの支援の場として、使うというパターンもあるようです。よほどの大手サークルでないとなかなか支援は集まりそうにないのですが。
しかし提供するコンテンツは、

・進行中の作品のメイキング
・旧作の配信

など、とくに新作を支援サイト用に制作するわけではないので、負担は少なくて済みます。
私はとりあえずこれを続けてきたのでした。

投げ銭的な使い方はどうだろう

しかし少額とはいえ、毎月お金をいただくだけのものを提供できているのかとなると、これはなかなか判断が難しいところがあります。

最終的には完成作をお届けすることで支援にはお応えできるはずですが。しかしそれだけなら、わざわざ支援などせずに、完成した作品をDL販売サイトなどで購入すればいいわけですよね。
何か支援するメリットはあるのでしょうか?

というわけで、考えてみたのですが。
昔からよく「webで投げ銭のようなことは出来ないか?」みたいなことはいわれてきました。もしかしたらそんな感じでもいいのではないだろうか、と。

多くの作家さんがpixivやtwitter、あるいは個人サイトなどで無料作品を公開しています。それが気に入って、もし懐に余裕があったら、作家支援サイトのような場所で1ヶ月分とか有料プランに加入する。

もちろん何かしらのリターンはあったほうがいいのですが。それはたとえば「次の作品に協力者として名前がクレジットされる」などでもよさそうな気がしています。

というようなことを考えているのでした。

昨年以来、結果的には毎週の更新を続けることになっていましたが。しかし今後について少し考えたくなりましたので、今週は更新を休みます。

↑このページのトップヘ

アクセスランキング