アフィリブログだったら「DL同人作家が半年間パトロンサイトを運営してわかったこと」みたいなタイトルを付けるのでしょうか? ネットはタイトルが10割。

というわけで、私も昨年末あたりからいわゆる作家支援サイトをやっているのですが。
最初はEntyとFantiaの2カ所でやってみて、Entyのほうがまったく反応がなかったので、Fantiaひとつに絞ったという成り行きです。

ちなみにEntyはその後いくつか問題があったようで、いまは多くの作家さんがFantiaへと移行した状況のようなのですが。といいつつ、私はあまり世の流れを把握していませんので、詳しくは知りません。

パトロン型サイトのシステム

基本的には月額会員を募集するというシステムですね。もともとは海外のPatreonというサイトから始まりました。払う金額によって受けられるリターンがよくなっていくという方法で、運営されている作家さんが多いです。

始めたばかりの頃、とある海外の方にアドバイスをいただいたのですが。
たとえばですが、このような約束をします。

・1週間に1枚モノクロのイラストをアップします。
・1ヶ月に1枚カラーのイラストをアップします。
・支援金額が一定以上になったらカラーのマンガをアップします。

そして支援者は金額によって受けられるサービスが違います。

・Cプラン モノクロのイラストを閲覧できます。
・Bプラン カラーのイラストやマンガを閲覧できます。
・Aプラン リクエストが出来ます。

約束を守って更新を続けていくことがポイント。
また、Aプランは高額にして人数を限定するといいみたいです。この場合、たぶんBプランを選ぶ人が多くなるのではないでしょうか?

でも大変そうですね。これをメインにして稼ごうという作家さんにとってはいいのかもしれませんが、マンガや同人CG集の制作をメインにしている作家さんの場合、これに作業時間を費やすと苦しいことになってしまいそうです。

さて、どうしましょう?

プロジェクトへの支援として使う

同人ゲームなど、長期の制作期間が必要なプロジェクトへの支援の場として、使うというパターンもあるようです。よほどの大手サークルでないとなかなか支援は集まりそうにないのですが。
しかし提供するコンテンツは、

・進行中の作品のメイキング
・旧作の配信

など、とくに新作を支援サイト用に制作するわけではないので、負担は少なくて済みます。
私はとりあえずこれを続けてきたのでした。

投げ銭的な使い方はどうだろう

しかし少額とはいえ、毎月お金をいただくだけのものを提供できているのかとなると、これはなかなか判断が難しいところがあります。

最終的には完成作をお届けすることで支援にはお応えできるはずですが。しかしそれだけなら、わざわざ支援などせずに、完成した作品をDL販売サイトなどで購入すればいいわけですよね。
何か支援するメリットはあるのでしょうか?

というわけで、考えてみたのですが。
昔からよく「webで投げ銭のようなことは出来ないか?」みたいなことはいわれてきました。もしかしたらそんな感じでもいいのではないだろうか、と。

多くの作家さんがpixivやtwitter、あるいは個人サイトなどで無料作品を公開しています。それが気に入って、もし懐に余裕があったら、作家支援サイトのような場所で1ヶ月分とか有料プランに加入する。

もちろん何かしらのリターンはあったほうがいいのですが。それはたとえば「次の作品に協力者として名前がクレジットされる」などでもよさそうな気がしています。

というようなことを考えているのでした。