きゃらめる堂日記

雑記帳として使用中。イラスト作品はpixivや支援サイトでも公開してます。 ※18歳未満の方はご遠慮下さい

巨大真紀ちゃんと痴漢さんたち

「巨大真紀ちゃんと痴漢さんたち ~3つの巨大化物語・その1~」

当サークル初のストーリー付きCG集です。
女子校生が痴漢電車で巨大化して、周りの痴漢たちや他の女子とエッチなことをしまくるという、とてもシンプルな展開です。

●販売サイト(データ版のみ) | DLsite.comEnglish) | FANZA同人(旧DMM同人) | DiGiket.com | DL.Getchu.com | メロンブックスDL | Gyutto | Fantia(会員制) | BOOTH(pixiv関連)

カテゴリ: 雑記帳

「LGBT」「発達障害」「温暖化」「性暴力」「ベビーカー」などのキーワードをミュート設定にしてみたところ、青い鳥のタイムラインがきわめて落ち着いたものになったようだ。もっと早くこの機能を使っておけばよかったな。
オススメですよー。

いや、どれもやはり一度は耳を傾けておくべき問題だとは思うのですが。もう何度も何度も繰り返しアピールされ続けると、さすがにいい加減ウンザリしてくるのですな……。

そもそも私の問題でもないし。私に何か出来ることがあるわけでもなし。人生の時間は限られています。
まず自分のことをやって。そして余裕があったら、社会の問題も少し考えたほうがいいとは思いますが。

という感じで。インターネットではやはり、見たくないものがある人は自分で工夫して見ないようにするのがいいんじゃないでしょーかね。

青い鳥だと、エロや暴力を見たくない人のための簡単な設定も用意されてますね。センシティブな画像の表示設定は、いまはデフォルトではどうなってるんだろう?

メニューから、設定とプライバシー>プライバシーとセキュリティ>セキュリティと進んで。

センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する      □
ツイートする画像/動画をセンシティブな内容を含むものとして設定する □

この2つをチェックの入っていない状態にすればOK。それだけ。

これをやらないで文句ばかりいってる人たちについては、運営が強制的に表示されない設定にしてしまえばいいのにね。

ちなみに私は両方にチェックを入れてます。


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

大変大雑把ですが。

70年代 官能エロ劇画
80年代 ロリコンマンガ
90年代 美少女コミック(アニメ絵)
00年代 萌え絵(エロゲ、ラノベ)
10年代 萌え絵(けいおん、京アニ)

ゼロ年代と10年代についてはあまりよく知らないので、テキトーですけど。分かる人はもっと適切なキーワードを充てて下さいね。
(ちなみに80年代から90年代への移行も、当事者でない限り識別は難しいのではないかと思っていたりします)。

さて、となると。そろそろまた転換期を迎えそうな頃合いなんですけど。次の10年はどんな感じになると思われますか?


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

ときどき、何かいつもいつも同じ展開の物語ばかりを繰り返し描き続けるタイプの作家さんを見かけるのですが。もう少し器用に自分をアピールすればいいのになあとは思いつつ、しかしじつは羨ましい気持を抱いてしまうというのも事実だったりするのでありました。

そういう作り手の人は、自分の奥に眠る自分のための物語を見つけたということなのでしょうか。あまり一般的ではないマイナーフェチの世界には、そういうタイプの作家さんが出現しやすいのかもしれません。

私の場合はやはり仕事として描いた期間がけっこう長かったりしまして。一般ウケしないものは難しいですし、ワンパターンだと飽きられますし。なかなかひとつの物語にこだわるようなことは出来なかったわけですけど。

しかしいろいろ描いてきた中でもとくに思い入れのあるタイプの作品というのを考えますと。
ああ、そうか。もしかしたらあれが自分の物語だったのかもしれないなー。と思わされるものも、あったりするのでした。

1.肉体の変化が始まる。オプションが増える場合もあるが、力を得て大きく強くなるのが基本。
2.変化はどんどんエスカレートしていく。それにともない快感も増大。
3.超絶的なクライマックス。
4.そして限界に達して破綻する。

という物語にやはり強烈な魅力を感じるのですよ。いちばんストレートなかたちでそれを表現できたのは、同人誌『MONSTER AGE 02』に収録の「絵美留の冒険」だったのではないかと思います。

もしかしたらこれが私の物語だったのかもしれません。
しかしこのパターン、何かに似てますね。

1.チンコが勃起。
2.オナニー気持いいー。
3.射精。
4.賢者モード。

おお、何てこった!

でもまあ。欲望のままに肉体が変化していくなんて面白いではないですか。
とくに女の子の欲望がもっとわかりやすいかたちで表れたら面白いのになあと、いつも思っているのでありました。

さて。ではあなたのための物語は、はたしてどのようなかたちをしているのでしょう?


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

最近のパターンとしては、月額見放題でチェックしてお気に入りに登録。値下げが始まったら通知が来るので、もう一度よく検討して単品動画を購入。という感じで利用してます。
これなら打率がとても高くなりますね。

実写AVはいろいろな意味で大変ラクに楽しめるので、いままであまり触れてこなかった人にもオススメかもしれません。

・予備知識がなくてもだいたい楽しめる。
・世間の流行も気にしなくていい。
・ポリコレとか面倒くせえこととは無縁。
・一本全部見なくていい、好きなところだけつまみ食い。
・分母が大きいからいろいろな方面の趣味嗜好がある。

あと私の場合、二次元は自分でも創作活動をしてますので。残念ながら純粋に楽しむことが出来ないという特殊事情があったりもしまして。

というわけで最近購入した作品からいくつかご紹介したいと思います。ここのブログの規約上実写アダルト画像は掲載できませんので、画像はリンク先でご確認下さいね。

オメガクロニクル ~発情期のドSオメガは誰にも止められない~ 枢木あおい

これはSOD chで見て度肝を抜かれたのですが。主演の女の子は何かもう子犬のように可愛らしくて可愛らしくて仕方がないようなタイプなんですけど。それが白目をむいてよだれを垂らしながらチンコをシコシコと扱きまくってしまうという。

で、彼氏とか教師とか医者とかに暴言をかましながらビンタしてチンコを咥えさせたり、逆アナルをしたり、暴力の限りを尽くすわけですね。顔と行動のギャップがすごいです。
けっこうショッキングな作品なので、何か未知の刺激を求める人にはいいかもしれません~。

爆乳パイパン水中合体 Kカップご奉仕ペニバンFUCK

浅田ちちさんのレズもの。彼女が活躍したのもそろそろ10年くらいも前になってしまいますね。しかしこの作品は未見で、ドリーム chにて偶然にも発見したのでありました。思わぬ掘り出し物であります。
おっぱいにオイルを塗って執拗に揉み上げたり。かなりフェティッシュに撮れているんじゃないかと思いました。

他に彼女の出演作で気に入ってるのは爆乳快楽アクメ 浅田ちちクロロホルムレイプ 爆乳女玩具 浅田ちちなどです。

自分は普段はあまり陵辱ものとか監禁ものとか見ないんですが。しかしこれだけ体格が立派で、数々の出演をこなしてきたあとだと、なんか妙に楽しめてしまったりもするのでした。
これが新人のちっこい女の子だとやはり抵抗はあるんですがー。……て、偽善者ぽいですね(笑)。

初めてM性感デリヘルを呼んだら、超真面目だと思っていた義母さんがやって来て…。 加山なつこ

加山さんはもうおいくつくらいになるんだろう。キャリアが長いですね。で、若い頃からおっぱいもお尻もドカーンと大きかったのですが、年齢を重ねて何だかすごい迫力になってます。身体が大きくて肉付きがいいので、相手役の男優を子供のように扱ってますね。こちらは30歳くらいという設定なんですが。

これもドリーム chで見て購入。日常場面でのメガネをかけた地味なおばさんの姿と、ペニバンプレイのときの大きくて豊満な肉体とのギャップがなかなかすごいです。
豊満熟女が好きな方向けかな。

※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

いまはまだちょっと忙しいので無理ですが。しかしもしまだ私の絵にニーズがあるようでしたら、いずれ小説の挿絵のご依頼など募集してみたいと考えています。

もちろん有料。そしてなるべく趣味が近い方の作品で、読んでみて、私が他の方にもお勧めできると確信できるものに限らせていただきますが。エロ限定。二次創作ではなくオリジナル作品。

というような活動をされている絵描きさんは、すでにけっこういらっしゃるような気もしますが。調べてないので何ともいえませんけど。

私に依頼する場合のメリットというのは、とにかく最低限ひとりは作品の読者を得ることができて、そして感想が返って来るというのがひとつ。
もうひとつは、とりあえず最低限ひとりから作品の推薦を得られること。
という感じになると思われます。

というのはもう何年も前から考えていたりはしたんですが。とりあえず私の小説を挿絵付きで発表して、出来具合を見ていただいてからという計画であります。

それなりの金額にはなると思いますが、挿絵付きで小説の販売などをすれば回収できる可能性もありますし。

というようなことが出来たら楽しそうだな。

でもって制作中の同人CG集は、何とかセリフ入れまで終了。あとは差分の目とか口の彩色。そして画面効果。
という感じかな。あともう少し!


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

困ったものですね。私もときどき歳を忘れて、作品の売り上げ数やSNSのフォロワー数を何としても増やさなければというような、そんな焦りに駆られたりもするのですが。
しかし君はもういくつになったんだね? と自分に言い聞かせて、落ち着かせることを心がけてはいるのです。

インターネットの数字には何か不思議な魔力がありますね。

もちろん私にも数字を追いかけたい気持はあって、いい数字が出ると素直に嬉しいのですが。しかしそんなことを続けていたら、あっという間に人生の残り時間を消化してしまいかねません。
そろそろやりたいことができる最後のチャンスという気もしつつありますし。

だったら何をやろうかというのは、ずいぶんと前から考え続けてました。
で、小説はどうだろうかと書き始めて、それが完成したのが2014年の春頃。小説用のサイトを作って公開したのが2年前、2017年の夏でした。

その後同人CG集の制作のため中断してますが。しかしまだCG集3部作が完成していないにもかかわらず、物語を綴りたくなってきて……。
というのが現状なのでありました。

要するに私は物語を描きたいわけで、その手段にはとくにこだわっていないのでありますね。

もちろん小説は、マンガなどに比べたら圧倒的に読者数は少ないですが。とはいえ、けっこう最後まで全部読んで下さる方もいらっしゃるというのは、小説サイトのアクセス解析を眺めてわかりました。

またpixivの投稿小説も、ひそかに活況のようであります。
私はいままで、たとえ相互フォローだったとしても、全部読んでいたら時間がいくらあっても足りないと考えて。あまり小説作品を読むことはありませんでしたが。
しかし考え直して、いくつか試しに読ませていただいたところ……。

ありゃ。これはけっこうスラスラ読めてしまうではないですか。

しかも作者が絶対に書きたいものを書いていると思わされるような、マイナーフェチ作品が多いです。灯台もと暗し。私はすぐそばに存在していたこの世界に、ずっと気がつかずに過ごしていたのかもしれませんね。

なんかもう、インターネットはダメなんじゃないかみたいなことばかり書いてますけど。しかしもしかしたら、ここはまだしばらく大丈夫かもしれないと思わされる空気があります。

しかもいまは支援サイトという選択もありますね。
私はAVが好きなので、そのアフィリでも貼ってお小遣いくらい稼げたらと思って、ブログで小説サイトを作ったのでしたが。しかしその後かなり支援サイトも普及したので、もしかしたらいまならそっちのがいいかもしれません。

という感じで、みなさまも老後の趣味などにいかがでしょうか?
小説を書くのは面白いですよー。


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

私の場合、筋肉フェチというのはメインというほどではなくて。何か周期的に個人的なブームがやって来て熱狂はするんですけど、しかしそれが去るとなんだかいつの間にか忘れているようなところがあるのでした。
ふたなりやペニバン逆レイプはもっと周期が短いですが、やはり熱狂期と無関心期が存在するようであります。

とはいえ、ふたなりよりかなり古くからの趣味でして。ボディビル界の百恵ちゃんといわれた西脇美智子さんとか、リサ・ライオンの時代からですからねー。

西脇さんは父親がよく持ち帰っていた週刊ポストとかアサヒ芸能とか、あのタイプの雑誌のグラビアで遭遇。いま改めて見るとスリムで引き締まったボディのきれいなお姉さんなのですが、当時は信じられないくらい筋肉隆々の女性に見えてしまったんですよね。

リサ・ライオンはテレビのコマーシャルだったはずですが、やはり家庭用ビデオがまだ普及していなかった時代。なかなか脳裏に焼き付けることができなくて、印象は漠然としてました。

この趣味もまた巨大女と同様、日々のトレーニングを重ねて鍛えることができなかったわけですなあ。頼りない記憶力の中だけの存在ですから。

創作で描こうとしたのはいつ頃からだったかな……?

仕事で、何か面白いことはできないだろうかというのはいつも考えていて。そういえば昔、筋肉女性が好きだったよなーと思い出して。
でもまあ、当時は筋肉女性のマンガなんかほとんどなかったから。絵コンテ出しても当然のようにボツになりましたけど。

だいぶ前に北御牧慶先生がスコラかGOROみたいな雑誌に描かれた筋肉お姉さんのマンガを何となく覚えていて。
あと、ひさうちみちお先生に『福音書 奇跡の性生活』という読者相談コーナーみたいな本があったんですけど。その中にボディビル趣味の姉で悩む弟みたいなエピソードがあったような気がする。

それくらいしか思い出せないな……。本当に少なかったですね。

ちなみにボツになった絵コンテというのは。監獄を舞台にした3部作で。ヒロインと敵役が登場するのですが、最終話で敵役が筋肉隆々のふたなりとなってヒロインをレイプするような展開でありました。
いまならネット小説とかでも普通にありそうなお話ですけど。あの当時に描いていたら面白かっただろうなー(笑)。

90年代の半ばくらいの時代でも、筋肉女性なんかエロマンガで描いたら仕事をなくしそうな恐怖はありましたね……。

たぶん初めて描いたのは、長編『タナトス・キス』の1エピソードとしてだったと思うのですが。その後「乙女座の少年」。商業ではそれくらいだったかな?

そして商業を辞めて同人で描いたのが「絵美留の冒険」だったのでした。その後小説サイトで書いた「乙女のブートキャンプ」もわりと近い路線ですね。
こういうのはもう、読者がゴッソリと離れていっても仕方ないなと、割り切ってやらかしてしまうわけなんですが。ですので、ご支持いただけましたら本当に大変ありがたいのであります。

筋肉女性の何がいいのかというと。
まずはやはり、現実世界の存在だから実写AVも可能というところとか。何名か好きな女優さんもいましたし。しかし筋肉女性のAVが発売されるなんて、昔では考えられなかった事態でありますね。世の中変わったよなあ。

あと、これってやはり現実に存在する人体の変化でも、相当激しく体型が変わる部類に入るのではないかと思われるわけです。それを本人が自分の意志でやって、しかも誇らしく見せつけてしまうという。そのあたりもあったりします。

巨大女のときも書きましたけど。個人的には「Before → After」みたいな変化にとても惹かれるところがあります。
チンコが生えてきたり、妊娠してお腹が大きくなって母乳が出たり、おっぱいが超乳化したり、それからぐんぐん背が伸びて巨大化したり。

ネットの広い世界には、体型変化フェチみたいなのもあるらしいですが。でもまあ自分はあまり分類・整理したくないタイプですので。そこは追求しないことにしておきましょう。

という感じで、最近書き始めた小説でも筋肉ネタはメインのひとつです。
ただまあ、絵でもそうなんですが、文章で筋肉を表現するのはなかなか難しいですね。それが大変なので、あまり手を出してこなかったところもあるんですが……。

修行が足りない!(笑)


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

↑このページのトップヘ

アクセスランキング