きゃらめる堂日記

雑記帳として使用中。イラスト作品はpixivや支援サイトでも公開してます。 ※18歳未満の方はご遠慮下さい

巨大真紀ちゃんと痴漢さんたち

「巨大真紀ちゃんと痴漢さんたち ~3つの巨大化物語・その1~」

当サークル初のストーリー付きCG集です。
女子校生が痴漢電車で巨大化して、周りの痴漢たちや他の女子とエッチなことをしまくるという、とてもシンプルな展開です。

●販売サイト(データ版のみ) | DLsite.comEnglish) | FANZA同人(旧DMM同人) | DiGiket.com | DL.Getchu.com | メロンブックスDL | Gyutto | Fantia(会員制) | BOOTH(pixiv関連)

タグ:オタク後の人生

最近のパターンとしては、月額見放題でチェックしてお気に入りに登録。値下げが始まったら通知が来るので、もう一度よく検討して単品動画を購入。という感じで利用してます。
これなら打率がとても高くなりますね。

実写AVはいろいろな意味で大変ラクに楽しめるので、いままであまり触れてこなかった人にもオススメかもしれません。

・予備知識がなくてもだいたい楽しめる。
・世間の流行も気にしなくていい。
・ポリコレとか面倒くせえこととは無縁。
・一本全部見なくていい、好きなところだけつまみ食い。
・分母が大きいからいろいろな方面の趣味嗜好がある。

あと私の場合、二次元は自分でも創作活動をしてますので。残念ながら純粋に楽しむことが出来ないという特殊事情があったりもしまして。

というわけで最近購入した作品からいくつかご紹介したいと思います。ここのブログの規約上実写アダルト画像は掲載できませんので、画像はリンク先でご確認下さいね。

オメガクロニクル ~発情期のドSオメガは誰にも止められない~ 枢木あおい

これはSOD chで見て度肝を抜かれたのですが。主演の女の子は何かもう子犬のように可愛らしくて可愛らしくて仕方がないようなタイプなんですけど。それが白目をむいてよだれを垂らしながらチンコをシコシコと扱きまくってしまうという。

で、彼氏とか教師とか医者とかに暴言をかましながらビンタしてチンコを咥えさせたり、逆アナルをしたり、暴力の限りを尽くすわけですね。顔と行動のギャップがすごいです。
けっこうショッキングな作品なので、何か未知の刺激を求める人にはいいかもしれません~。

爆乳パイパン水中合体 Kカップご奉仕ペニバンFUCK

浅田ちちさんのレズもの。彼女が活躍したのもそろそろ10年くらいも前になってしまいますね。しかしこの作品は未見で、ドリーム chにて偶然にも発見したのでありました。思わぬ掘り出し物であります。
おっぱいにオイルを塗って執拗に揉み上げたり。かなりフェティッシュに撮れているんじゃないかと思いました。

他に彼女の出演作で気に入ってるのは爆乳快楽アクメ 浅田ちちクロロホルムレイプ 爆乳女玩具 浅田ちちなどです。

自分は普段はあまり陵辱ものとか監禁ものとか見ないんですが。しかしこれだけ体格が立派で、数々の出演をこなしてきたあとだと、なんか妙に楽しめてしまったりもするのでした。
これが新人のちっこい女の子だとやはり抵抗はあるんですがー。……て、偽善者ぽいですね(笑)。

初めてM性感デリヘルを呼んだら、超真面目だと思っていた義母さんがやって来て…。 加山なつこ

加山さんはもうおいくつくらいになるんだろう。キャリアが長いですね。で、若い頃からおっぱいもお尻もドカーンと大きかったのですが、年齢を重ねて何だかすごい迫力になってます。身体が大きくて肉付きがいいので、相手役の男優を子供のように扱ってますね。こちらは30歳くらいという設定なんですが。

これもドリーム chで見て購入。日常場面でのメガネをかけた地味なおばさんの姿と、ペニバンプレイのときの大きくて豊満な肉体とのギャップがなかなかすごいです。
豊満熟女が好きな方向けかな。

※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

困ったものですね。私もときどき歳を忘れて、作品の売り上げ数やSNSのフォロワー数を何としても増やさなければというような、そんな焦りに駆られたりもするのですが。
しかし君はもういくつになったんだね? と自分に言い聞かせて、落ち着かせることを心がけてはいるのです。

インターネットの数字には何か不思議な魔力がありますね。

もちろん私にも数字を追いかけたい気持はあって、いい数字が出ると素直に嬉しいのですが。しかしそんなことを続けていたら、あっという間に人生の残り時間を消化してしまいかねません。
そろそろやりたいことができる最後のチャンスという気もしつつありますし。

だったら何をやろうかというのは、ずいぶんと前から考え続けてました。
で、小説はどうだろうかと書き始めて、それが完成したのが2014年の春頃。小説用のサイトを作って公開したのが2年前、2017年の夏でした。

その後同人CG集の制作のため中断してますが。しかしまだCG集3部作が完成していないにもかかわらず、物語を綴りたくなってきて……。
というのが現状なのでありました。

要するに私は物語を描きたいわけで、その手段にはとくにこだわっていないのでありますね。

もちろん小説は、マンガなどに比べたら圧倒的に読者数は少ないですが。とはいえ、けっこう最後まで全部読んで下さる方もいらっしゃるというのは、小説サイトのアクセス解析を眺めてわかりました。

またpixivの投稿小説も、ひそかに活況のようであります。
私はいままで、たとえ相互フォローだったとしても、全部読んでいたら時間がいくらあっても足りないと考えて。あまり小説作品を読むことはありませんでしたが。
しかし考え直して、いくつか試しに読ませていただいたところ……。

ありゃ。これはけっこうスラスラ読めてしまうではないですか。

しかも作者が絶対に書きたいものを書いていると思わされるような、マイナーフェチ作品が多いです。灯台もと暗し。私はすぐそばに存在していたこの世界に、ずっと気がつかずに過ごしていたのかもしれませんね。

なんかもう、インターネットはダメなんじゃないかみたいなことばかり書いてますけど。しかしもしかしたら、ここはまだしばらく大丈夫かもしれないと思わされる空気があります。

しかもいまは支援サイトという選択もありますね。
私はAVが好きなので、そのアフィリでも貼ってお小遣いくらい稼げたらと思って、ブログで小説サイトを作ったのでしたが。しかしその後かなり支援サイトも普及したので、もしかしたらいまならそっちのがいいかもしれません。

という感じで、みなさまも老後の趣味などにいかがでしょうか?
小説を書くのは面白いですよー。


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

早いものですなあ。1年はあっという間。
そして故郷というわけではないですが、長いこと住んでいた横浜を離れてもう6年になります。

生まれてからずっと同じ土地で過ごせたという、ある意味幸運な方々とは違いまして。私の場合は転勤族の父親とともに、各地を転々とするような幼少期を送ったのでありまして。引越は慣れています。

数えてみたところ……。
引越11回、住んだ家11箇所となりますね。住んだ家が1箇所少ないのは、実家からアパートへと引っ越して、また実家に戻ったことがあったからです。
何だかんだいって横浜にはいちばん長く住みました。三十数年にもなるかな。でも横浜の中でも4箇所くらいを転々としました。

6年前に横浜を離れたあとは2年間とある地方都市に住んで、それから大阪で3年。そしていまのところへ移って1年。
一部地名を伏せているのは、将来また住もうと思ったときのプライバシー保持のためです。わざわざネットに書いても得することなんかありませんし。
横浜や大阪くらい人口が多かったら、べつに明らかにしても問題なさそうなんですけど。

でもまあ。部屋に籠もってPCで作業し続けているような生活だと、部屋の中にいる限りはとくに変わり映えしませんね。

最初の某地方都市はいろいろな面でよかったんですけど。人も少なくてちょうどいいし、風景もきれいだし、生活も便利だし、道路も整備されてて快適だし。だけどあまり長く住んでいると、人間関係がジワジワと縮まってきそうな感覚はありました。

あちこち住んでみた結果たどり着いたのなら、永住しようかという気持にもなりそうな土地でしたが。まだもっと他を見てみたかったので、2年で転居。

大阪ではとある駅のすぐ近くの高層住宅に住みました。いや、もう古くてボロボロで安かったんですけど。でもエレベーター付きなんて生まれて初めてだったな。
で、当然生活も超便利。雨が降っても傘を差さずに、駅にもクリニックにもショッピングセンターにも行けた。

でも何だか住人がスラムでした。住んだ物件のせいだと思いますが、何か殺伐としてたんだよなー。

いま住んでいるところは、生活も便利だし住民もほとんどお付き合いがないし、まあまあ快適です。ほどよく都会、ほどよく田舎。
でも残念ながら道路が狭くて混んでますね。

こういうのも当然人によるんですが。ある程度の年齢になってしまって、バイトとかフリーランスとかで単身で身軽な人は、住む土地を変えてみるといい気分転換になるかもしれないですね。
自分を知っている人が誰もいない土地というのは、何かとても開放感があります。

いまは地方都市の団地がいちばんハードル低いんじゃないかな。外こもりで海外というのも調べてみたんですけど、いろいろ難しくなりつつある様子ですし。
こういうのも時機というものがありますね。

ちなみにネットでの情報収集で役に立ったのは、某インターネットの掲示板サイトだったりしました。あまり他人に自慢出来ない情報に関しては強いですね。
青い鳥はねー。食糧を自給するから農業をやるとか。外国で起業するとか。石北会計さん向きかな。いろいろスペック高くないと難しそう。


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

と聞きつけて調べてみたところ、何だかヒットするのは2016年くらいの記事が多いですね。その頃に誰かブームを仕掛けた人がいたのかもしれません。

いやその。ドライブ旅行とかに行ったとき、基本的にはビジネスホテルに泊まって。ささっと風呂に入ったあとは、コンビニとかイオンで買ったストロングゼロとつまみで一杯やって、すぐ寝ちゃうんですよね。

ひたすら走りまくって疲れ切っているから。
というか、ドライブ自体も道の駅とかコンビニとかでトイレと食べ物、あとはただひたすら走るだけというパターンですので。そりゃまあ疲れますが。しかしそれが楽しいのですね。

でもってビジネスホテルも好きなんですけど。とはいえ、さすがにいつもいつも同じなので、そろそろべつのパターンも取り入れたいかな、と。
食事のときにでも、アルコールも少し一緒に嗜んで。でもって帰りにコンビニで小さいサイズのストゼロとつまみでも買って、ビジホに戻れればいいんじゃないかなー。

と思って調べていて、ちょい呑みというのを見つけたのでありました。

私にしても、ひとりで居酒屋に行くような世間慣れした人間ではないですから。基本的には部屋に籠もって机やパソコンの前に向かって作業ばかりしてきたわけです。
食事のついでにちょっと飲みたいだけ。
で、わりと慣れた外食チェーン店にて、そんなサービスをやっているとのことのようなのでありますね。

日高屋が人気あるみたいです。他にも、吉野家、てんや、富士そば、松屋、やよい軒、ガスト、バーミヤン。
コンビニでもミニストップのイートインが参入。
それからその動きに対抗して、居酒屋の鳥貴族にもおひとり様席というのがあるみたいです。

というのが、あくまでも2016年時点での最新情報だったらしいんですが。
いまはどうなってるんだろ?

とりあえず。次に旅行に出たときには、やってみようかと思ってますー。


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

Googleマップで探し物をしていて。自宅から約7.5km、クルマで20分くらいのところにただっ広い公園を見つけまして。

子供用の遊具とかもないし、スポーツのグラウンドとして整備されているわけでもない。何かの遺跡らしいのだけど、芝生の上に散歩道があるだけ。駐車場はガラガラでしかも無料。
こういうのがいいんですよね。

途中のスーパーでペットボトルのお茶と人気の唐揚げとかを買って。クルマの後部座席で寛ぎながらむしゃむしゃと食べるのだった。

これも地域によるんですが。
このあたりだと、なかなかクルマで気軽に出かけて無料で停めておける場所とかがなかったりします。なのでクルマ生活が買い物中心となってしまうという。
この公園みたいな、何かムダで役に立たないような場所がもっとたくさんあってほしいんだよなー。

いま住んでいるのは、それなりに大都市の市街地の外れあたりで。駐車場事情や渋滞はやはり厳しい。それほど土地が余っていないというか。

これがもっと人口密度の低い地方都市ですと。完全にクルマ社会ですし。どこもかしこもお店の駐車場がやたらと広大。誰もいない公園だってあちこちにあるし、少し遠出すれば道の駅もある。
自分はそういう土地でクルマ遊びを始めてしまったので、いま住んでいるところはちょっと大変ですね。何とか快適な目的地を探し出さないと。

若者のクルマ離れといいますけど、このあたりだとドライブデートはけっこう見かけますね。カーナビで休めそうな公園とかを探して行ってみると、何か「恋人たちの聖地」みたいなやっつけ仕事の看板が掛かっていたりしまして。若者さんたちがそれぞれのクルマの中に並んで座っているという。
ああ、これは失敗してしまったなあ、と。

新しくて流行ってそうなショッピングモールもダメですね。若いファミリーや子育てママたちがわが物顔で闊歩してますから。そんなところを中高年男性が単身で歩いていたら、まあ普通に不審者ですよね。
ああ、これはまたしても失敗したなあ、と。そそくさと買い物を済ませてさっさと退散。

これが田舎だとねー。ショッピングモールも駐車場もムダにただ広くて、ガラーンとしてるのよー。老人くらいしかいないのよー。
近畿、西日本だとオークワとかマルナカですね。そしてガラーンとしたフードコートでのんびり食事。これですよ、これ。田舎ドライブの醍醐味。風景はやたらときれいですし。

というような話も、具体的な地名とかを出して書けばもっと面白いんでしょうけど。自分の場合は仕事が仕事ですし。そしていまのインターネットは残念ながらこの状態ですし。デメリットが大きすぎましてなあ。


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

「終わらない夏休み」という言葉は、そもそも最初はどのあたりから発生したんですかね。でも何となく、べつに説明なんかされなくても、ああ、そうだなと納得してしまうようなところがあったのではないでしょうか。

高校を卒業して予備校に通い始めた頃。
大学時代の長い春休み、夏休み、秋休み、冬休み。
大学を留年して、少ないコマ数だけ出席してた頃。

なんてものを経験してしまうと、何かもう一生夏休みを過ごしたいと思ってしまうという。実際のところ、終わりそうにない感触でしたけど。
でもそれもまあ、さすがに両親を亡くすと終わってしまうんじゃないですかね。

終わらない夏休みではなかった。ただ単に長いだけの夏休みだった、と。

というイベントが発生することについては、40歳を過ぎたら心の準備をしておいたほうがいいのかもしれません。

でも狭い範囲の見聞でいってしまうと。こどおじ・おばの場合、あまり歳がいってから親を亡くすとポキンと折れて後を追ってしまうことがありますね。60代で90代の母を亡くすとか。これはカネがあってもダメ。

早い年齢で親を亡くしてしまうのは、考えようによっては、まだ回復力が十分残っているうちでよかったということなのかもしれませんね。


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

そもそも私はオタクだったのですかね。見た目は間違いなく合格ですけど(笑)。

オタクバッシングが激しかった頃は、むしろあえて「私はオタクである」と語るようにしてましたけど。しかしその後オタクがネット上の一大勢力と化し、誰がいちばんオタクなのか決定戦スパゲッティ大食い大会チャンピオンシップデスマッチ選手権大会みたいな様相を呈してきますと、これはさすがに引くよなあ、と。

オタク村の長老なんかになりたいわけではないですよね。

そして現在の私はといいますと。マンガ読まない。アニメ見ない。ゲームしない(とびだせ どうぶつの森くらい)。即売会に参加しない、DL販売だけ。二次創作しない。2ちゃんとニコニコはやらない。ボカロは興味ない。ロリコンではない。ネトウヨでもない。

こうなってしまうと、何も共有出来る話題がないんですよね。

実写AVはよく見ますね。あと翻訳小説はけっこう読む。
で、自分でも何か表現したいなあとなると、慣れた表現手段なのでマンガを描くのです。というか、現在は同人CG集ですけど。

そしていろいろな読み手の方がいていいと思うのですよね。老若男女問わず。
作り手と受け手は全然違うのです。好きなように楽しんでいただけたらそれでよい。

とはいえ。ある程度ユーザー層は考えています。
私のFantiaにはR40Gと付けてますけど。40歳を過ぎてもなお特殊なエロが好きで、何か通常のお世間様を諦めてしまった方々。そういう人たちが、それを自覚しつつ楽しんでいただけたらという願いはあるのです。

メインはそこ。もちろんそうでない人や若い人たちであっても、楽しめるのであればそれは歓迎ですけど。でもニーズを探って応えようとは考えていません。

基本的にはオタクは40歳を過ぎたらリタイアしたほうがいいんじゃないかと思ってます。いや、私みたいに未だにエロ同人CG集を作っている人間がいうのもアレなんですけど。
30歳くらいからフェイドアウトしつつ。40歳になったらリタイアする。

では40歳以降はどうしますかね。
カタカナの「オタク」ではなく、平仮名の「おたく」はどうでしょう?

・いつまでたっても円谷特撮はセブンまで。帰マン以降は認めない。
・魔法少女はモモからぴえろまで。セーラームーンだけは例外的に認める。
・ラノベはSFではない。
・最近のライダーは何でホストみてーな兄ちゃんが変身するんだ? ガキのスポンサー(子育てママ)意識してんの?

いやあ、見事な老害ぶりですね。老害同士仲良くしようぜ!

というのは、まあネタですが。
私も40歳を過ぎて以降、さまよい続けてますね。オタク趣味以外のいろいろなものに手を出してます。まあまあ楽しめそうなものもいくつか見つけましたけど。でもそれがあなたにとっても楽しいかとなると、それはちょっと自信がありませんけど。

読書はねー……。打率低いけどときどき大ホームランがありますね。その昔広島カープで4番を打ったランスみたいなタイプです。ランスにゴン。
何といってもアーカイブが膨大です。知られざる古典の中にも、何かあなたの生涯の1冊が埋まっているかもしれませんね。

という感じで、オタク後の人生というのもこのブログのテーマのひとつとして考えていきたいと思っているのです。ご興味がありましたら、よろしくお付き合い下さいね。


※というような雑記には興味がなく、イラストなどのコンテンツだけを楽しみたい方は、下記の関連サイトなどをご訪問下さい~。

イラストSNS | pixiv | クリエイター支援サイト | Ci-en | Fantia | FANBOX |

↑このページのトップヘ

アクセスランキング